はつらつマッサージ

はつらつマッサージを開発者とされているのは日本人のTakahashi Kosho(たかはし こしょ)である。Takahashi Kosho(たかはし こしょ)は日本の小さな村に住んでいたが、

村で戦争が起きていたため彼と村人は森の奥に避難しなければならなかった。長距離での移動の上、重い荷物を背負って歩いていたので村全員の身体や関節に痛みが走っていた。

避難続けている中、Takahashi Koshoは森の中にある川を発見した。疲れをとるため彼は川の冷たい水に浸かり、横たわりながら休んでいた。

川の中には小石があり、水の流れで体にあたり痛みをほぐしていた。この体験で彼は川の中にある小石と自然な水の流れで人間の身体の疲れを癒すことができると気づいていた。

そして彼はこの謎を解き明かすために川の横にある小屋で研究を行ったのである。毎日彼は川に浸かることや観察などを続けながら川の流れを研究していた。

研究を続けてから2年は経ったが、Takahashi Koshoは謎を解くことはできなかった。時が流れていてもTakahashi Koshoの情熱は消えることはなかったので、

彼は毎日欠かさず研究した結果、川の中の流れに隠された秘密を見つけることができた。発見のきっかけとしてはある日の夜、川を眺めていた時に星の光が

川に映っているところで小石の位置が巧妙に配置されていることを発見し、この配置と小石の間に流れる水は人間の血流循環を改善する効果があると分かったのである。

新たな発見のため周りの人々に血流循環治療法を試みるとともに血流循環治療について深く理解できるよう5年間の時間をかけ、

さらに研究を続けた結果、彼は「はつらつマッサージという治療法を生み出した。

当時の大将は関節疾患で苦しんでいたためTakahashi Koshoは治療を行うために大将のところに呼ばれたと言われている。Takahashi Koshoの治療を受けた人々は生き生きとして元気になったため大将は彼の治療法を「ハツラツ」と名付けた。

Takahashi Koshoは生涯を医学に捧げたため、結婚することはなかったが、研究を共にした弟子がいた。そしてその弟子はTakahashi Takeshiという名でTakahashi Koshoの治療法を受け継いでいた。しかし、彼は大将の娘と恋に落ちたため遠い場所へ追放されてしまったためTakahashi Koshoの治療法を広げることができず、次第には「はつらつ治療法」は世の中から消えていた。

ところが、1980年になる頃にTakahashiの末裔であるTakashi Natsukoが「はつらつ治療法」について再研究を行った。研究を進みながら1990年に友人と協力し、ヘルスケア製品の研究・製造を専門とする会社を設立し「SAIZO」というブランドを立ち上げた。当時の様々なマッサージ方法と祖先が研究したマッサージを組み合わせ、SAIZOにおいて独自の技術を生み出し、マッサージチェアやマッサージ枕などといったマッサージ製品の製造を行った。

その他、祖先の小石のイメージからローラーを取り入れたマッサージ製品の製造も手掛けた。ローラーは血行の不順を招く身体の不調を改善することができるため多くの人々に快適感を与えた。

そして、長年にわたり研究を行った結果、プロのマッサージ師の自然なもみ技取り入れたマッサージチェアを製造することができたのである。